「川崎フットボールアディクト」

車屋紳太郎と谷口彰悟に聞く、ワールドカップからの刺激【コラム】

車屋紳太郎と谷口彰悟に、ワールドカップロシア大会について聞いていたので紹介します。

まずは車屋紳太郎。

車屋とは同い年で個人的にも仲のいい大島僚太は最後まで不出場だったのが残念だが、大会のレベルの高いプレーを見ることで刺激は受けているとのこと。

「相手が格上でもカウンターとか、前に出ていく速さだったりがすごい。そういうのはもっともっと参考にしないといけないと思います」と述べると「ぼく自身、ボールを持ったときの追い越していく速さだとか、そういうのはすごく刺激になりました」とのこと。

また印象的なカウンターを打つ国としてメキシコやブラジルといった国名を口にしている。

(残り 745文字/全文: 1025文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ