「川崎フットボールアディクト」

恩義を感じる水戸との対戦を迎える小林悠と鈴木雄斗【コラム】

水戸について「すごく貴重な経験をさせてもらえました」と話すのは小林悠。「大学3年生の時に特別指定に選ばれた」経験は貴重なもので「プロの生活をはじめてしたのは水戸でしたし、厳しさだったり、シビアな部分など、大学生のぼくにとってはすごくいい経験でした」と振り返る。

(残り 644文字/全文: 774文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ