「川崎フットボールアディクト」

【コメント】天皇杯3回戦 水戸vs川崎(齋藤学)「次のチャンスがいつかは分からない。それも十分承知の上でこっちに来ているので。また次チャンスが来るように練習するしかない」

天皇杯3回戦 水戸vs川崎
7月11日(水)(19:03KICKOFF/Ksスタ/3,058人)
水戸 1-1 川崎(PK戦 2−4)

○齋藤学
「ネガティブに考える必要はないので。やってる中で何度かチャンスも作れましたし、自分がどこでドリブルするのかはもっと意識しないといけない。一回、二回はそこで仕掛ければいいのにという…、最後、後半の交代する前とか、前半悠くんとワンツー仕掛けたときとか。それは自分で行ったほうが相手は嫌だったかなと思いますが、そこは仕方ないですし、すごく近くに人がいる分、パスの選択肢と自分が仕掛ける選択肢とを両方持たないといけなかった。練習するしかないですね」

(残り 406文字/全文: 691文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ