「川崎フットボールアディクト」

【コメント】天皇杯3回戦 水戸vs川崎(守田英正)「自分たちで崩れてしまったというか。普段やってることが試合でできなかったというか。その差だったかなと思います」

天皇杯3回戦 水戸vs川崎
7月11日(水)(19:03KICKOFF/Ksスタ/3,058人)
水戸 1-1 川崎(PK戦 2−4)

○守田英正
――前後半の相手の戦い方の変化というのはどうでしたか?
「前半はちょっと自分と賢太郎くんが降り過ぎるというか、CB2枚で相手のFWのビルドアップを抑えられるところに引いてしまっててラインに入ってしまったことが逆に攻撃に対して厚みをだせなくなったところがあって、HTにそれを修正して後半少し前目に位置を取ることを心がけてたんですが、自分の判断ミスとトラップとかの質。パスのズレとかほぼほぼ自分のところでロストしたかなと思いますし、逆に相手が自分が一つ前にポジションを取ったことでうまく相手のボランチが来た時は前とか斜めのポジショニングを取ってる選手には圧があまり掛かってなかった状態だったと思うので。それはプラスに捉えるべきだと思いますし、そこで自分のロストの回数とかが多くなったことで、そこで受けることを辞めてしまったり仙台と同じような感じかなと思ってます」

(残り 703文字/全文: 1147文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ