「川崎フットボールアディクト」

【レポート】J1 第17節 川崎vs長崎 酷暑の中の最低限の結果。小林悠の決勝弾で勝利

■取れなかった前半
後半、ある程度長崎に巻き返されてはいたが、前半はほぼ一方的な川崎フロンターレペースで、そういう意味で悪くはない試合だったのだろうと考えていたが、選手たちからは渋めのコメントばかりが帰ってきた。

たとえば阿部浩之。

「そんなに良くなかったですよ。スッキリはしないですね」と話すと「チームとしての結果は必要最低限というか、勝てたのは良かったですが、でもスッキリはしないですね」と沈んだ表情を見せる。

(残り 1998文字/全文: 2202文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ