都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【プレビュー】J1 第18節 湘南vs川崎 前からの圧力に技術で対抗したい


■点を取るための練習
あまり多くは話してもらえなかったが、25日の練習について鬼木達監督に尋ねてみた。センターバックの4選手が行っていたパスワークの練習だ。

湘南が前からプレスをかけてくる時間帯を想定し、ショートパスでそのプレスを外しつつ前方にパスを出す、というシンプルな練習だった。相手の圧力をいなすようなイメージなのだろうと思ったが、鬼木監督は慎重に言葉を選びつつ「詳しくは言えないですが、点取取るために必要なこと」だと説明してくれた。

おそらく相手のプレスをいなす、でも間違いではないのだろうが、鬼木監督はその先にあるゴールまで解答に含めていて、攻撃的なサッカーというものに対する矜持を感じた。

(残り 1974文字/全文: 2271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック