【サッカー人気3位】“3度目の正直”のシーズン開幕へ。今季…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第24節 川崎vs仙台 中村憲剛の先制点を死守。1−0で勝利

■数は少ないが、チャンスは作る。後半の修正に期待したい
最終ライン3枚+WB2枚が横一列に並び、アンカーを置く3ボランチでゴール前に蓋をする仙台に対し、ボールを握り続ける展開に。

あまりに狭い前線から逃げるべく、中村憲剛が時に最終ラインにまでポジションを落とさざるを得ない状況に。その結果、攻撃のバリエーションは限られがちとなった。

前半アディショナルタイムに、阿部浩之が決定的なシュートを放つなどチャンスは作ったが、前半はノーゴール。0−0で折り返している。

■中村憲剛の先制点を死守
少々ラッキーな形ではあったがそんなことは関係ない。相手のクリアミスに乗じた形で中村憲剛GKと1対1に。この決定機をきっちり決めて、フロンターレが先制。

その後も堅守の仙台を攻めあぐねるが、追加点は奪えず。

試合終盤にハーフナー・マイクを投入し、パワープレーに出た仙台に押し込まれる時間帯もあったが、これをしのぎ無失点で試合を終える。

試合終了間際の齋藤学のシュートが決まっていれば文句なしの展開だったが、あの場面はGKを褒めたいところ。リーグ戦初ゴールは次節以降にお預けということで。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック