「川崎フットボールアディクト」

【レポート】J1 第25節 G大阪vs川崎 G大阪の堅守を崩せず。CKからの2発に泣く

■やりよう
阿部浩之に、相手の守備のやり方にはめられてしまったのではないかと問うと「そうですね。はめられた感はあります」と回答。さらに、いつもならそういう試合でも途中から修正ができるものだが「それすらあまりできなかった」のだと肩を落とした。

その受け答えからは修正もままならなかった悔しさが見て取れたが、それも仕方ないことかもしれない。スタンド上層部から見ていても、何をどうすればいいかがわかりにくかったからだ。最終ラインに5人を。その前方に4枚を配し、分厚いブロックを組んでいたG大阪の守備は堅牢だった。最終ラインがゴール前に並ぶ時間帯は多かったが、前からプレスに行ける時間帯はその最終ラインがかなり高い位置まで上がってきてコンパクトな陣形を保っていた。

(残り 1652文字/全文: 1978文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ