「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 ルヴァン杯準々決勝第2戦 川崎vs鹿島(鈴木雄斗)「ここで結果を残してチームとしての力を見せつけたかった。そういう意味ではすごく悔しいですね」

ルヴァン杯準々決勝第2戦
9月9日(日)(19:03KICKOFF/味スタ/19,214人)
川崎 1 – 3 鹿島

○鈴木雄斗
「先制点を取られてしまって。28分ですか。失点の時間帯が良くなかったというか。それはちょっとあの入りのまま押し込み続けてたらもしかしたらこっちが先制点を取れたかもしれない。展開的に入りが良かったかもしれないですが、その分後手に回ったかなと」

――先制されて難しくなったと。
「取られたら取られたで取り返すしかなかったんですが、その後があまり良くなかったですね。攻撃が低迷していた感は否めなかったので。どうやって打開しようかなと言う感じで、ちょっと動きを増やすという考えではいたんですが」

(残り 519文字/全文: 817文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ