「川崎フットボールアディクト」

【レポート】ルヴァン杯準々決勝第2戦 川崎vs鹿島 前半の2失点を追いつけず。悔やまれる敗戦

■後半の攻防
想定外の前半を劇的に改善したのが長谷川竜也の投入だとすると、鹿島はその穴を的確に埋めてきた。後半開始早々のこの両チームのベンチワークが、この試合の見どころの一つだった。

前半、予期せぬ2失点でファーストレグのアドバンテージを吐き出したフロンターレは、後半の45分間で3得点が必要な状況に追い込まれる。試合前の落ち着きを考えると、絶望的な状況に追い込まれていた。そのフロンターレに推進力を与えてくれたのが長谷川の投入だった。中村憲剛を前目にずらすという采配とともに試合は大きく動いた。

(残り 1955文字/全文: 2201文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ