サッカーライター大忘年会→お得な前売19日18時〆

「川崎フットボールアディクト」

田中碧の初ゴールの舞台裏【コラム】

大島僚太と組み、Aチームで紅白戦を戦った練習後。大島と居残り練習していた田中碧(原稿の内容とは無関係です)。

札幌戦前日の練習後、ベンチ入りを言い渡されていた田中碧に話を聞いていた。田中は、試合に出ることを前提に「自分の爪痕を残せたらなと思います」と話しつつ等々力でのデビュー戦を夢見ていた。その田中のプレーイメージはリンクマン。

「自分がやるというよりは、どちらかというとアキさんだったり阿部くんにまかせて。その中継役じゃないですが、やりたいですね」

すなわち最終ラインからパスを受け前線にボールを繋ぐ。攻撃の中継点になるというプレーを意識していたという。

下田北斗に代わり84分にピッチに立った田中は、そんな戦前のプレーイメージとはかけ離れたプレーを見せる。ガツガツと前に出て行き、攻撃に顔を出し続けた。

(残り 721文字/全文: 1139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題