「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第26節 川崎vs札幌 (中村憲剛)「あの瞬間にできる精一杯のベストを尽くした結果、入ったので良かったです」

J1 第26節
9月15日(土)(19:03KICKOFF/等々力/22,522人)
川崎 7 – 0 札幌

○中村憲剛
――7−0、ミシャさんの広島時代の時以来だそうです。
「覚えてます。あれ退場者でてたので。
けど最初の10分、15分は久しぶりに試合に出る人が居たり、代表から帰ってきたりとか。ほぼ、合わせてない状態で試合に入っていった感じだったので。ちょっとそれにしてもバタつきすぎたところはありましたが、向こうが外してくれたりして0−0でやり過ごせたので。そこはポイントだったかなと思いますし、1点目アキが取ってやつも。そこの前あたりから守備がハマり始めたので。1点取れてみんなも、北斗とかもそうだけど、ちょっと肩の力が抜けて、そこからは今日は1点取ったら2点目、3点目行こうということはずっと言ってたので。オニさんも含めて。それを畳み掛けてやれたのは良かったかなと思います」

(残り 1817文字/全文: 2198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ