今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「川崎フットボールアディクト」

気がつけた課題に取り組みたいと話す田中碧【コラム】

先日行われた横浜FCとの練習試合で、田中碧が中村憲剛と組んでボランチに入った。このことについて、田中碧に聞いた。

憲剛と組んで戦った試合については「(中村憲剛とボランチで組んで)やったことが無かったので難しさはありましたけど、いろいろ自分の中で迷いがありました。どこに立つのかというのがわからなくなったというか、いろいろ言われて、すごく難しかったです」と反省。

BからAに入ることでの難しさについては「普段やっているBとは違うので。でも、自分の中でそんなに良くなかったんですがでも気づけたので。どこに立ったほうがいいのか、立ってほしいのかということについて気づけたので。そんなに悲観することではないのかなと思います」と話し、前向きだった。ちなみに、この件について憲剛は、Aチームでの経験の少なさが故に難しくなるのは当然と話していた。

今後、Aチームに定着するために必要なこととして「試合に出て、スタメンに定着するというのは、こういう難しさを乗り越えないといけないことでもある。だれもが最初からできるわけじゃないので。今日できなかったことを反省して、次からどうやってうまくなるのか、よくなるのかを考えながらやりたい」と述べていた。

反省すべき課題が見えたという意味で田中にとっては有意義な練習試合になったようだ。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック