【サッカー人気1位】アウェイで鳥栖に完敗 山中亮輔が危機感…

「川崎フットボールアディクト」

【プレビュー】天皇杯準々決勝 山形vs川崎 リーグと合わせ2冠のチャンス。確実に勝ち上がりたい


■天皇杯
戦いの舞台は天皇杯に切り替わる。

イニエスタ擁する神戸に対し、一時は1−3とされながらも逆転勝利した流れは悪くない。修正すべきは修正し、いい部分は継続して臨みたい。

山形を相手に行われる天皇杯準々決勝の一戦に向け、登里享平は「大会は変わりますが、次につなげないと、というのはあります」と話す。そして「タイトルに飢えてますし、昨年取ったことでもっとタイトルに対して貪欲になってますし。それは本当にみんな変わらないので。その中で冷静さも持ちつつ熱く戦って行きたいと思います」と述べている。

その天皇杯について鬼木達監督はリーグ戦とともに絶対に取ろうと選手たちに伝えていたという。

(残り 1857文字/全文: 2145文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック