「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第31節 川崎vs柏 (中村憲剛)「3バックと2ボランチの間でフラフラしてれば相手が勝手にマークしてくれるので。それを使って周りがうまくやってくれてた」

J1 第31節
11月3日(土)(14:02KICKOFF/等々力/24,487人)
川崎 3 – 0 柏

○中村憲剛
――勝ちきれました。
「立ち上がりの入り。やっぱり自分たちが行くという姿勢を見せないといけないという話をしてましたし、5バック対策は準備してやってましたし、そんなに驚きも無かったですし。準備してきたことを丹念にやった結果勝てたので。ホームでもありましたし、すごく後押しもあってよかったです」

――メンバー的には車屋くんが居なかったり大島くんが居なかったわけですが、それでもいつものサッカーができているように見えました。
「いつもだったらビルドアップに参加してというのがありますが、今日に関しては相手のディフェンスとの兼ね合いもありますが、うまくボールは持ててましたし、前に運べてましたので。悠の近くにいようと思って。チャンスあったので、それは決めたかったですが。けど、言ったらあそこの3バックと2ボランチの間でフラフラしてれば相手が勝手にマークしてくれるので。それを使って周りがうまくやってくれてたので。今日はこんな感じかなと思いながらやってました。自分が落ちると逆につかまりやすくなったかもしれないので。そういう意味では守田と北斗もそうですし、アキと阿部ちゃんともそうですが、絡みながらやれたかなと思います」

(残り 1543文字/全文: 2096文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ