サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

残り2試合の向き合い方【麻生レポート】

連覇を決めたC大阪戦後、3日間のオフを挟み14日から練習が再開した。14日の練習はレクリエーションを取り入れたメニューもあり、楽しみながら体を動かすものとなった。また麻生練習場には多くのサポーターが駆けつけ、連覇を決めた選手たちに改めて喜びの気持ちを伝えていた。

フロンターレはすでにリーグタイトルを獲得しており、残り2試合に向けて気持ちを作っていくのは簡単ではなさそうだが、その点について大島僚太は「意外に自分たちみたいに残して優勝したチームが少ないとかには驚きましたが、まあでもここで2敗したら3連敗になるわけで、残り2つは試されていると思いますし、いろいろなところにモチベーションを燃やして、かきたてないと難しいのかなと思います」と語気を強める。

(残り 580文字/全文: 905文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題