【サッカー人気2位】ミスが失点につながり敗戦 最良の解決策…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第33節 FC東京vs川崎 長谷川竜也が追加点を決め、2-0で勝利

■知念慶の先制弾でリードして後半へ
プロ初先発の田中碧を組み込んだシステムは序盤からFC東京を圧倒。ピッチを幅広く使い、サイドから仕掛ける場面を作り続ける。ただ、ペナルティエリア内の攻防ではFC東京に締められており、決定機は思うように作れなかった。

そんな中、ワンチャンスを知念慶が決めフロンターレが先制に成功。その後も分厚くボールを保持し続け、FC東京にほとんど形を作らせなかった。

初先発の田中碧は序盤にミスが目立ったが、徐々に落ち着きを取り戻している。

■逃げ切り
後半開始早々、長谷川竜也が追加点を決めて優位に立つが、ここからFC東京がパワーを掛けて前に出て来る。
攻撃に行った後に悪い形でボールをロスト。中盤がスカスカで、一気にゴール前まで行かれた形。

ただ、守備陣が踏ん張ってFC東京の攻勢をしのぎ続け、鋭いカウンターでFC東京を脅かした。

試合はそのまま2-0での勝利となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ