【サッカー人気4位】リーグ戦、再開決定。リカルドロドリゲス…

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第34節 川崎vs磐田 (奈良竜樹)「前半の大きなミスを、本当にどう切り替えようかというところからスタートして。とりあえず下を向かず前を向いて堂々とし続けないといけないなと思って」

J1 第34節
12月1日(土)(14:03KICKOFF/等々力/24,062人)
川崎 2 – 1 磐田

○奈良竜樹
――ファインゴールでしたね。
「そうですかね(笑)」

――1点負けてるチームを救いましたし、今季初ゴールでしたし。
「前半の大きなミスを、本当にどう切り替えようかというところからスタートして。とりあえず下を向かず前を向いて堂々とし続けないといけないなと思って。そのあとミスはありましたが、最後の最後、自分のミスで崩れるのはもったいないですし、そこも含めて優勝が決まった中で色々とトライもできましたし、どういうメンタルで臨めばいいのかとか、どう切り替えていくのかとか、そういうところで最後まで強気でやろうというふうにやった結果がああいうゴールという形で。その分は報われたと思うし。チームとしても前半はちょっとちぐはぐなところはありましたが、後半になっていつもの形ができてきたし。相手を押し込んでセカンドボールを拾い続けたところもできたと思う。それを続けた結果が最後、OGでしたがゴールにボールが転がったと思うので。長いシーズンで見ても広島という、本当に独走状態で進んでいたシーズンで。それも諦めずに自分たちを信じてやり続けた結果がこうやって最後逆転できた部分ですし。今日の試合だけを見てもそういう部分は通じる部分もあったと思うし。いつもだったらあの1点でシュンとして終わってたかもしれませんが、今年はチャンピオンとしてそういう部分もチームとしての姿勢も問われていたと思いますし、最終戦というところでも、最後まで諦めない姿勢を見せられたと思うし。最後は勝利でサポーターの皆さんと喜びあえて。試合的にはいいゲームかと言われるとそうじゃないかもしれませんが、終わり方的にはなんか、すごい盛大な終わり方ができたかなと思います」

(残り 1245文字/全文: 2002文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック