『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第34節 川崎vs磐田 (谷口彰悟)「相手も死に物狂いでやってましたし、そういう相手を超えられたというのは一つ大きいことかなと思います」

J1 第34節
12月1日(土)(14:03KICKOFF/等々力/24,062人)
川崎 2 – 1 磐田

○谷口彰悟
――カードリーチのまま乗り切りましたね。
「はい。とりあえずイエローがずっとリーチの状態でやってたので。まあ、ホッとしました。とりあえずちゃんと全部出れて。もらってはいけない、というのが頭のどこかにあったし、ただそうやって小さくなってプレーするのは違うというところで。色々と難しかったですが、そういう自分で整理しながらまた来年はスタートから頑張りたいなと思います」

――優勝チームとしては歴代最少失点です。今季、最多得点も。
「そこはこだわってたところなので。今日は先に失点してしまいましたが、そこからまたスイッチを入れ直して点を取りに全員で行けましたし、最後の最後まで諦めずに逆転まで行けたというのは、自信を持っていいと思いますし、そこは強さだと思っているので。良かったと思います。理想は失点ゼロでしたが、相手も死に物狂いでやってましたし、そういう相手を超えられたというのは一つ大きいことかなと思います」

(残り 775文字/全文: 1227文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題