サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【コメント】 J1 第34節 川崎vs磐田 (中村憲剛)「正直得点はあと20点くらい取れれば一番良かったと思いますが、チャンスがあったので」

J1 第34節
12月1日(土)(14:03KICKOFF/等々力/24,062人)
川崎 2 – 1 磐田

○中村憲剛
「今年はケガもなく、練習もほぼ全部やれて。すごくサッカーが楽しかった。周りの頼もしいチームメイトも居ますし、自分の役割というか、そういう攻撃的なところも守備のところもすごく整理された中で、オニさんもすごく自分をコントロールしながら使ってくれましたし、今日も90分フルで出させてもらいましたが、それでもやれるんだということを個人的には自分がプレーすることで見せたいですし。それは周りの選手もそうですし後輩たちもそうですし。この日々がフロンターレの日常になっていけばいいなというのはこの前優勝した時も言いましたが、改めて勝ち続けることで生まれる空気は必ずあると思うので。それを今日またサポーターのみんなも含めてすごくいい雰囲気でやらせてもらえた。来年も最初からこの雰囲気で。みんなで毎試合勝てるようなね。ACLもそうですし、カップ戦もそうですし。そういうふうに一個一個みんなで獲得したいなというふうに改めて思いました」

(残り 1029文字/全文: 1488文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題