遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「川崎フットボールアディクト」

知念慶が意識する新たな境地【コラム】

綾町合宿最終日の宮崎産業経営大学戦で4ゴールした知念慶がストライカーとしてアピールしたのは間違いない。ただ、その4点を振り返る知念はそれほど喜んでおらず「去年からの積み重ねでやってるだけなので」と淡々と口にしていた。

同じく3点を決めた鵬翔高校戦後も「得点は割と簡単なやつが多かったので」とだけ述べ、過度に喜ぶことを自制しているように見えた。そんな知念が自ら話し始めたのがアシストだった。

「(鵬翔戦は)3アシストしたんですがそれが良かったです。いいアシストだと思うので」と話し始めた知念が言うには、それは監督が求める形だったのだという。

「鬼さんが最近言ってた、ニアに低くて早いクロスをDFラインとGKの間に入れるというのをカズくん(馬渡和彰)に入れられました」

(残り 698文字/全文: 1027文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック