「川崎フットボールアディクト」

【レポート】沖縄合宿初日「意思の疎通と確認作業、攻撃練習にあてたいと鬼木達監督」

沖縄合宿初日を終えた鬼木達監督は「思ったより元気というか、体は多分きついと思いますが、ただ暖かさとかそういうものも含めて気持ちよくやってるな、という印象です」と選手たちの動きを振り返る。

今合宿では練習試合が3試合(4日水戸、6日東京V、9日G大阪)組まれているが、その目的として「意思疎通」と「確認作業」そして「攻撃のバリエーション増」というものを考えていると鬼木監督。

意思の疎通については「新しく入ってきた選手もいるので。まず最初はそこのところ」と述べており、4日の水戸との練習試合までの4日間でコンビネーションの熟成を目指すものと思われる。

(残り 726文字/全文: 998文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック