【サッカー人気1位】【J1展望/名古屋グランパス編】強力補…

「川崎フットボールアディクト」

田中碧のオーバーラップ【コラム】

田中碧のオーバーラップがすごかった。

左サイドバックで出場した水戸との45分の3本目。田中はなりふり構わず前に出ていた。

プレーのたびにゴール前まで進出しており、3本目の41分に阿部浩之が決めた得点の場面、アシストの下田北斗へのパスは田中自身が奪ったボールをつないだものだった。

激しいオーバーラップにどんな指示があったのかと思ったが「特にないです(笑)」と田中。ただ、「強いて言うのであれば、ジョルディ・アルバ(バルセロナ)のイメージでした」とのこと。攻撃的なスタイルの左サイドバックが念頭にあったのだという。

普段出ていない左サイドバックでの出場ということではあったが、水戸に完敗した1本目、2本目を受けての出場だっただけにアピールの意味もあったのかを尋ねると田中は次のように話し始めた。

(残り 565文字/全文: 907文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック