本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「川崎フットボールアディクト」

レアンドロ・ダミアンを加えたチームの完成度は?一発勝負で結果がほしい/ゼロックス杯 川崎vs浦和【プレビュー】

鬼木達監督が宮崎、沖縄の両合宿期間中に求めていたのは、究極的には、選手間のコミュニケーションの深化だった。

もちろん「昨季できていたことの確認」(鬼木監督)というテーマもあるにはあったが、それはすなわち戦術的理解を高めるということで、それはそれは詰まるところ選手間のイメージをどれだけシンクロできるのかということだった。つまり、コミュニケーションを通した相互理解が深まることで解決できる問題だということ。

コミュニケーションが必要な理由の筆頭は、レアンドロ・ダミアンを始めとする新加入選手を迎え入れたことにある。さらにエウシーニョが抜けた穴をどう埋めていくのか。昨季のメンバーからは多少選手を入れ替えた状態で試されてきた組み合わせの中、合宿期間中のチーム作りは進んでいた。

そんなシーズン序盤のチーム状態について鬼木監督は次のように述べている。

(残り 1629文字/全文: 1998文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック