【サッカー人気4位】素走りのタイム設定がまた上がる。廣瀬浩…

「川崎フットボールアディクト」

田中碧、長谷川竜也のホットラインが可視化させた伸びしろ/練習試合・大宮戦【麻生レポート】

■成長を出せた1点目
長谷川竜也が大宮との練習試合で2点を決めた。好調さが結果につながる好循環が続いているように見える。長谷川に、それぞれについて話を聞いたが、特に2点目は伸びしろを可視化させてくれる得点だった。

ループで決めた1点目については、「自分のちょっとした成長を出せたシーンだった」と長谷川。成長とはループシュートなのかと質問したがさにあらず。

「シュートに行く前に、(相手の)背後に出たときにスピードダウンせず、スピードアップして行けたというのは良かった部分ではあるかなと」

スピードアップにつながった「抜け出しとトラップ」に加え「相手の前に入ってシュートを打てる状況に持っていけた」ことが良かったのだという。ゴール前を固める相手に対し、いかにシュートにまで持ち込めるのか。それを実現できたことに手応えを感じていた。

■狙い通りの動き
田中碧のボール奪取に始まる2点目について、長谷川は田中からのパスを受け相手GKとの1対1を沈めている。見事な得点だったが、このゴールについて長谷川は、狙っていたスペースに入れたのがポイントだったという。

(残り 1079文字/全文: 1548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック