『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第8節 川崎vs湘南 湘南の勢いを跳ね返しリーグ戦ホーム初勝利

■阿部浩之、知念慶のゴールが決まり2−0で後半へ
フロンターレ陣内のフロンターレには厳しくプレス。湘南陣内のフロンターレボールには、ブロックを作って守る、というメリハリの効いた守備の湘南に対し、攻めあぐねる時間帯が続く。

そんな試合を大島僚太の縦パスが動かす。
前半21分の阿部浩之の先制点の場面を始めとして、2トップに長めの浮き球を入れてチャンスメイク。湘南ゴールに迫った。
37分には奈良竜樹からの縦パスが知念慶に通り、ゴール。4試合連続ゴールとなった。

前半終盤の湘南の分厚い攻めを跳ね返し、2−0のスコアで前半を折り返している。

■試合を締める
2点を追いかける湘南のパワーに押され、後半はリズムを作れない時間帯が続く。
その一方で湘南のCKが続いたが、これをしのいだ。

途中交代出場の長谷川竜也をはじめとし、カウンターで湘南ゴールに迫る場面を作るが、追加点は奪えず。ただ失点もせず、2−0で試合を終わらせた。

リーグ戦、ホーム初勝利となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック