【サッカー人気3位】北関東ライター緊急座談会(後編)「緊急…

「川崎フットボールアディクト」

長谷川竜也、PKはチームファーストで【コラム】

「次、またPKとっても次は何もやらないと思います」と苦笑いする長谷川竜也。仙台戦のPK奪取後のちょっとしたトリックパフォーマンスについての質問に対しての答えだ。

あのPKの場面、自らの仕掛けるドリブルでPKを奪った長谷川は、ボールを抱えてスポットに近づいていた。多くのサポーターが「蹴るの?」と勘違いしたが、試合後の小林悠の話で、事前に話していた動きだったということが明らかになっている。笑いそうになった小林は、それが面白くて逆にリラックスできたと話していた。

PKでのトリックを振り返ると、過去に佐藤寿人や槙野智章が広島でプレーしていた2010年シーズンごろに話題になったことがあったが、ここ最近はあまり聞かなくなった。

(残り 747文字/全文: 1056文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック