【サッカーパック人気2位】 【代表うぉっち】次なるヒーローへ。久保建英が闘志を燃やす。

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第13節 大分vs川崎 固い後半、お互いにスコア動かず。1−0で勝利

■苦しみながらもマギーニョの加入後初ゴールで先制
序盤からペースは大分が握る展開に。レアンドロ・ダミアンの守備でスイッチを入れるが、若干空回り気味。
ロングボールを織り交ぜた揺さぶりに翻弄される形。

フロンターレは中盤をうまく消された形で、思うように前に運べなかった。

そんな試合は飲水タイム後の28分に動く。長谷川竜也からのクロスを大外に詰めていたマギーニョが押し込んで先制。開幕戦以来の先発出場のチャンスに得点で応えた形。

飲水タイムが取られる気温の中、後半どこまで足が動くかがポイントになりそう。

■固く進める
前半とは違い、序盤はエリア内に入り込む場面を増やし、大分を圧迫。

また大分ボールに対してはプレスを開始する位置を少々下げた印象。

前からというよりは、まずはゴール前に蓋をする印象。

そうした展開の中、お互いに決定機はそう多くは作れず時間が経過。

お互いに苦しみながら、後半はスコア動かず、1−0で試合終了となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック