【サッカーパック人気5位】 まさかのアクシデントもチームは乗り越えることしか考えない。「勝てていま…

「川崎フットボールアディクト」

小林悠「段差を作ったりクサビのところで顔を出すというのは意識しました」/J1 第15節 川崎vs札幌【試合後コメント】

○小林悠
――ベンチから見た前半の印象は?
「浦和戦もそうでしたが、前で2枚が張って間に居ない状態で、クサビを入れるときもハマっていて入れることが多かった。やっぱり段差を作るだったり、そういったところが必要だったのかなと。ボールを相手のペナルティエリア付近に運ぶところがうまく行ってなかったように思います。竜也が運んだ時に、いい動きをしないとちょっと崩せないかなと思いました」

――それをやろうということで入ったと。
「そうですね。2トップは変わらなかったですが、段差を作ったりクサビのところで顔を出すというのは意識しました」

――追いついての勝ち点1です。
「でも勝ちきれないといけない試合でした」

(取材・構成/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック