【サッカーパック人気1位】 個人頼みに傾倒した柏、戦術的にも運動量でも上回った水戸。敗戦は妥当な結…

「川崎フットボールアディクト」

クラブハウスにて安全運転講習会開催【麻生レポート】


26日の全体練習後、麻生警察署から交通課の警察官を招き、交通安全に関する講習会が行われた。

内容は安全運転の大事さを理解してもらうべく、交通事故の遺族が証言する映像を見てもらったり、ながらスマホの危険性。また自転車に乗る場合に自賠責に入ることを義務付ける条例の施行についてなどの説明が行われたという。

事故については、「過信」が怖いと警察官の方。

「過信運転が怖いですね。自分はうまい、大丈夫だという気持ちが交通事故の原因だと思います。これは危ない、と思っている人の方が事故は起こしにくいというのはあると思います」

またうっかり失効については「平成から令和に年号が変わり、免許の有効期限が反映されてないため勘違いはあり得ます。ですので年に1度、誕生日の時に確認してほしいとお願いしました」と話していた。

講習を受けた阿部浩之は「交通ルールだけでなく他の部分もそうだと思います。暮らしの中で気を引き締めるのはいいことだと思います。改められるところは改めて、それがサッカーにもつながるんじゃないですかね」と前向きだった。

「当たり前のことを当たり前に話してもらいました」と話す藤嶋栄介は日頃から法定速度で走ることを心がけてきたとのこと。

というのも藤嶋は過去に事故に巻き込まれたことがあり、ケガをしたことがあるとのこと。自らのケガの経験を踏まえ、改めて「人だけは巻き込みたくないですよね。だから自分はいつも法定速度です。そんなに急いでもそんなに時間は変わらないですしね」と話していた。

サポーターのみなさんも運転には気を付けましょう。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック