「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】天皇杯2回戦 川崎vs明治大学 追加点を奪えず。苦しむが1−0で逃げ切る

■知念慶が絡んだOGで先制
序盤からフロンターレが握る展開になっていたが、効果的な攻撃ができていたとは言えず。5枚が並ぶ明治大学の最終ラインの手前で持たされていた形。

だからこそ、前半15分にCKから先制点を奪えたのは悪くない。

30分過ぎに齋藤学と阿部浩之のポジションを入れ替えて活性化を図るが、思うに任せなかった。

明治の攻撃はカウンターに限定されていたが、ロングボールはうまく跳ね返せており、クロスに怖さがある程度。ただ、サッカーは何が起きるかわからない。後半の早い時間帯に追加点を奪い、試合を決めてしまいたところだ。

■明治の攻撃をしのいでの勝利
後半は事故ではなく実力で明治に失点しそうな時間が続く。
明治がパワーをかけて後半に入ったため。

崩しきった形でのシュートがほとんど打てず。

中村憲剛投入後に多少前目の位置でボールを持てるようにはなったが、明治の勢いに押し込まれる時間帯も少なくなかった。

後半ATに、ペナルティーエリア内で前を向いて須貝英大にシュートを打たれたのが最大のピンチだったが、枠に飛ばずノーゴール。

苦しみながら1−0で勝利した。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック