タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第19節 FC東京vs川崎 齋藤学、阿部浩之のゴールが決まり、3−0で勝利

■小林悠の100得点目でフロンターレが先制
序盤から両者とも高いテンションで入る。フロンターレは狙い通り最終ラインが高い位置をキープして前線に連動。FC東京ボールを圧迫した。
ミスを誘ってボールを回収。10分ごろからは、フロンターレが分厚く攻めた。

20分に下田北斗が蹴った左CKを小林悠が合わせ、先制点。

押せ押せで攻め込むが、攻め疲れたのか、ホームの意地もあったのか。40分ごろからFC東京の反撃を受けた。

ただ、DF陣が踏ん張り、前半を1点リードで折り返している。

■2点を追加して快勝
ピリッとしない前半の終わり方をしていたが、ハーフタイムに修正。立ち上がりからFC東京を圧倒する。

危なげなく試合を進める中、55分に齋藤学がリーグ戦今季初ゴールで2点目を決めると、69分には波状攻撃から阿部浩之が試合を決める3点目をねじ込む。

試合は無失点で終われるかに焦点が移るが、FC東京の猛攻を跳ね返し、3−0で試合を終わらせた。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック