タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

「川崎フットボールアディクト」

中村憲剛「後半戦これで行こうよというふうになる試合だったと思います」/J1 第19節 FC東京vs川崎【試合後コメント】

○中村憲剛
「今まで自分たちがやってきたことが、点を取るときに生きると思うし。あとは自分たちがボールを持ったときにスピードを上げるのか。相手が出てくるまで待つのかというところは話をしながら。
それでもインテンシティ勝負に持ち込んでくる相手に対して、じゃあどこが空いているのかというと外が空いているので。そういうのは北斗だったり碧には…。取ったら真ん中に結構入れて引っかかってるのが後半は特に多かったので。外に逃げれば一度相手はケアしてくるので。という話はして。
そうすれば時間は確保出来るので。そうすれば押し込める。押し込めて無理に突っ込まなければ向こうは引くしか無いので。そうすると永井とオリヴェイラを引かせればカウンターもなかなか出ない。そういう話は結構。とにかく無理して突っ込むなという話はしてて、そうすれば不用意な取られ方はしないですし、取られたとしても準備はできている。リスク管理のところは。今日は本当にそこはかなり、今週ずっとオニさんは口を酸っぱくして言ってたので。カウンターは速いから、とにかく。という話はしてました」

(残り 822文字/全文: 1285文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック