【サッカーパック人気3位】 平畠啓史が「ひらちゃん」であり続ける理由 新著『今日も、Jリーグ日和。…

「川崎フットボールアディクト」

中村憲剛「攻守で自分たちが用意してきたことがほぼ出せなかった」/J1 第22節 名古屋vs川崎【試合後コメント】

◯中村憲剛
「何が起きたかはしっかりあるので。僚太が最初に出なくなって、ヤマ(山村)が入った。そこでエンジンが、ヤマが入った状態でうまくいくまでに時間がかかったというか、その間で2失点してしまった。それでちょっと軽く混乱というか攻守で自分たちが用意してきたことがほぼ出せなかった。そこは周りの選手の責任でもあると思う。急にぽんと入った状態だったので。そこは難しかったかなと。自分もう少しうまくフォーローできればよかったんですが、けど、ビルドアップのところで相手の1列目を越せないというところがすごくあった。そこで自分が落ちても良かったんですが、そうすると…。
いつもだと落ちるんですが、落ちなくてもボールが入ってくるかなという感覚は、そこまで向こうも厳しくなかったので。前に居たほうが相手は嫌かなと言うところで。ちょっとそこは見ながらやってました。

(残り 545文字/全文: 917文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック