監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「川崎フットボールアディクト」

レアンドロ・ダミアン、谷口彰悟/天皇杯3回戦 岡山vs川崎【試合後コメント】

クラブ提供のコメントになります。

◯レアンドロ ダミアン
――試合を振り返って
「今日は、最近あまり出場機会を得られていない選手がチャンスを得てプレーできた試合になった。自分もスタメンで出場して、ここまでプレーできたのは久しぶりで疲労感もあるし、少し足をつってしまった。ただ、フロンターレとしての気持ち、魂を見せて試合に勝ち切ることができたと思う。ゴールシーンは、知念との連携で決めることができて良かった。自分としてもゴールを決めること、それが一番の役割だと思っている。岡山はしっかりとオーガナイズされたチームで、みんながしっかりと走り切るという特徴を感じました。今日川崎に残ってしっかり休養が取れている選手もいるし、自分もしっかり休んで、次のリーグ仙台戦も勝てるよう、またみんなで頑張りたい」

◯谷口彰悟
――試合を振り返って
「後半の立ち上がり、声を掛け合ってはいたが緩くなってしまい、クリアしきれずという形からの失点。そこは反省点。最近の試合で失点が多いので改善していかないといけない。そのあとも難しい展開になってしまったが、どうにか1失点で耐えて、90分、120分というところまで頭に入れながらプレーした。厳しかったけど勝って終われたのはよかった。天皇杯は内容もあるけど、結果を出して次につなげることが大事。延長戦にもつれてしまって、帰りの新幹線の時間もあったりでサポーターの方も多くの方が来てくれたのに、途中で帰らざるを得ない方もいたり、試合後自分達もバタバタしてしまって、ちゃんと挨拶も出来ず、申し訳ないなと思った。次の試合も絶対に勝たないと優勝争いから遠ざかってしまう。自分は出られないけどチームの勝利のためにできることをしたい」

(提供/川崎フロンターレ)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック