都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「川崎フットボールアディクト」

新たなCBコンビに期待。難敵との試合で勝ち点3を/J1 第23節 仙台vs川崎【プレビュー】

首位FC東京とは勝ち点9差を付けられてしまった。当然、これ以上負けられないが、そんな中で迎えるのがこの仙台戦だ。チームは過密日程の天皇杯3回戦をアウェイ岡山で3日前に終えたばかり。試合当日の新幹線での新大阪までの自由席移動を含め、タフな状態での試合となる。そんな試合に向け、以下の3点について論じたい。

ポイント1「センターバック」
ポイント2「コンディション」
ポイント3「難敵」

■ポイント1「センターバック」

この仙台戦に向け、誰もが心配しているのが出場停止のセンターバックコンビと、その代わりの選手であろう。

等々力がどよめいたジェジエウのデビュー戦が10節の仙台戦で、この試合から始まった谷口彰悟とのコンビはリーグ戦では13試合連続にもなっていた。ご存知の通り、前節の名古屋戦で谷口が退場。さらにジェジエウが4度目の警告を受け、ともにこの試合は出場停止となる。

盤石だった彼らCBコンビ不在のこの試合に不安は尽きないが、この点について鬼木達監督は「そこはそこでまた新しい発見ができればいいかなと思います」と前向きだった。

(残り 2876文字/全文: 3334文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック