「川崎フットボールアディクト」

下田北斗「思い切り良く振れたと思います。キックは自分のストロングポイントだと思っているので」/ルヴァン杯準々決勝第2戦 名古屋戦【試合後コメント】

◯下田北斗
――ミドルで決めたゴールはフロンターレでは初めてだと思いますが。
「そうですね。ミドルシュートは、なかなか打ててなかったので。いいタイミングでボールが来たので。打ちたかったところはあったので」

――裏を突くような攻撃は前半からできていて、でもオフサイドとかを取られて。そういう中でのミドルはでかいなと思ったんですが。
「そうですね。思い切り良く振れたと思います。キックは自分のストロングポイントだと思っているので。それをうまく出せて良かったです」

(残り 880文字/全文: 1105文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック