【サッカーパック人気4位】 「パワーが違います」 マリノスが誇る筋肉自慢の高野遼もラグビー選手たち…

「川崎フットボールアディクト」

長谷川竜也の負傷と、交代采配が分水嶺に。自ら流れを手放し天皇杯敗退/天皇杯R16 神戸vs川崎【レポート】

天皇杯R16 神戸vs川崎
9月18日(水)(19:03KICKOFF/神戸ユ/7,808人)
神戸 3 – 2 川崎

■采配ミス
握れていた前半、突如としてペースを失ってしまった。

きっかけは長谷川竜也を襲ったアクシデント。車屋紳太郎とともに神戸の右サイドを圧迫していた長谷川が32分に負傷交代。登里享平の投入がセオリーのこの場面、鬼木達監督の選択は小林悠だった。

前半のフロンターレは、この長谷川の交代までの時間帯で神戸を押し込んでおり、ゴールを感じさせる場面をいくつか作り出せていた。前に押し込めていた試合運びに手応えがあったのだろう。よりゴールに近づくべく前線を2枚に増やし、攻撃的な姿勢を示した。

この交代采配が、神戸に付け入るスキを与えてしまった。

(残り 2085文字/全文: 2403文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック