Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

「川崎フットボールアディクト」

守田英正「1戦目は絶対に勝ちに行くというところだったので。それは勝ててよかったです」/ルヴァン杯準決勝第1戦 鹿島戦【試合後コメント】

◯守田英正
「もうそろそろ、決めないとな、という気持ちは正直ありました」

――VARで間がありましたが、それはどうでしたか?
「まあ、そうですね。結構怖かったですが(笑)。良かったです」

――後半、攻めてるけど点取れない、という難しさがあったと思いましたが、そこはどうでしたか?
「ぼくたち自身は本当に勝つということにフォーカスしてこの試合に臨んでて、同点ゴールが決まって、という形でしたが、1-1で終わるんじゃなく、逆転まで持っていくという強い志を持って戦い抜けたので。それはぼくたちの考えどおりに、結果がそうなってるので」

(残り 874文字/全文: 1132文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック