『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】ルヴァン杯準決勝第2戦 鹿島戦 0−0で引き分け、決勝進出を決める

■一方的に押し込む前半。0−0だが悪くない内容で後半へ

メモした限りでは、前半の鹿島のシュートは0本。
一方のフロンターレは鹿島の強度の高い守備にも屈せず、ボールを前に運び続ける。
サイドと中とを使い分けるフロンターレの攻撃で鹿島を押し込み続けた。
ただ、あと一歩の精度が上がらず。鹿島の球際での激しい守備もあり、決めきれなかった。
時折許した鹿島の攻撃も単発で、うまくリスク管理できていた。
この前半のサッカーで勝てなければタイトルなど奪えない、というような一方的な展開だった。

■無失点で試合を終わらせる。

押し込むには押し込むが、どうにもバイタルエリアでの精度が上がらないフロンターレだが、敵陣に攻め込むことでリスクを管理。

とは言え、さすがにパワーをかけてきた鹿島を相手に、ゴール前までの侵入を許す場面は増えた。

ただ、そこで守備陣が体を張ってゴールを死守。チャンスを作りつつ、必要以上に前掛かりにならず、無失点で試合を終わらせるというタスクを完遂した。

願わくば勝利したかったが、優先されるべきは決勝に進むこと。そういう意味で果たすべき義務は果たせたという試合だった。

ぼくらが決勝進出です。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック