【サッカーパック人気3位】 和田昌士のSC相模原への完全移籍とユン・イルロクの契約解除が発表され、…

「川崎フットボールアディクト」

新井章太を送り出す小林悠の涙【コラム】

■開始43秒の先制点

開始43秒で先制点を決めた小林悠が目指したのは、新井章太が待つベンチだった。走りながら咆哮した小林を出迎える新井を、あっという間にチームメイトが取り囲んだ。

「(点を)取ったら行くと決めてたので」と話す小林が新井から移籍についての思いを聞いたのは、札幌戦前日。羽田空港までの車中でのことだった。二人だけの車内で新井は小林に移籍の決断を伝える。

「(それまでもオファーについて)相談されてたので。覚悟はしてたので」と話す小林だが「でも、『マジか』って言うしかなくて。その時は隣に居ましたが、居なくなる来年とか、やばくなるんだろうなと思いました」とうなだれた。

その小林にとって新井は「チームで一番なんでも話せる」存在だったという。

「プライベートのこともそうだし、サッカーのことも。話して、苛ついてるときも理解してくれたあとに、もう一度前を向こうという気持ちにしてくれるのがショウタのいいところだったので。だからおれは、前向きになれるからショウタに(いろいろなことを)話してました」

(残り 2637文字/全文: 3083文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック