【サッカー人気2位】栃木SCが今月19日までチーム活動を自…

「川崎フットボールアディクト」

【レポート】中城村2日目・東京V戦「45分3本、9−1の勝利」

詳報を追記しました。

中城村2日目は東京Vとの練習試合が行われた。
試合形式は45分を3本。スコアと得点者はそれぞれ以下の通り。

1本目 2−0(レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也)
2本目 3−0(小林悠、小林悠、脇坂泰斗)
3本目 4−1(ジオゴ・マテウス、OG、小林悠、脇坂泰斗)

東京Vは45分の1本目に大久保嘉人を使うなど、かなり実戦に近い状態の布陣で臨んできた。その東京Vを相手に45分で2点を奪えたのはまずまずの成果だと言えそうだが、東京Vはコンディション的に疲れていた状態だったとのこと。
結果は出ているが、油断している場合でもない。

ということで、詳報は後刻。

詳細について以下に追記しました。

■好調ダミアン

1本目開始直後の4分に好調のレアンドロ・ダミアンが先制点を奪う。長谷川竜也からのクロスを頭で合わせたもので、ダミアンはこれで今季の練習試合では4試合連続得点となった。相手がどこであれ点を取り続ける決定力はさすが。

そのダミアンの得点をアシストした長谷川は練習試合3試合が予定されている今合宿について「得点に絡むということ」というテーマをもって臨んでおり有言実行した形。なお、28分には長谷川自身がループシュートを決めており、結果を残している。

その前半、東京Vに持たれてしまっていたとの感想を口にするのは車屋紳太郎だ。

「前半はちょっとボールを持たれるシーンが多かったんですが」と口にするが、相手ボールを上手く奪えていたとの手応えもあったのだという。

(残り 1820文字/全文: 2442文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック