遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「川崎フットボールアディクト」

冷静に対処しましょう【えとーセトラ】


Jリーグからの開催延期の発表に続き、2月27日にはフロンターレから、全役職員に対する原則的「在宅勤務」の方針が示された。

また、練習の見学中止も同時に発表されているが、国を上げて感染拡大の抑制に努めているところで止むを得ないところ。

選手やスタッフのみなさんには、まずは安全に練習に取り組んでもらい公式戦再開に備えてほしいと思います。

コロナウイルスの致死率についてはまだ確定的な数字は示されておらず、地域的なばらつきがあるようだが、10%を超えることはなさそう。また、感染者の大半は重症化することなく治癒するようで、そこまで怖がるものではないとも言われている。ただチーム内で感染者が発生してしまうと濃厚接触者として選手たちの試合が制限されることも考えられるため、用心しておくに越したことはないという状況だ。

この手の病気や災害が発生した場合、デマが流布されて右往左往することがよくあるのだが、情報の真偽に気を付けつつ冷静に対応したいところ。

取材についてはOKが出たタイミングで伺いたいと思っています。それまでは個人的にも体調を管理して備えたいと思ってます。サイトの更新についてですが、どうしても頻度は下がってしまうと思います。正常化するまでは今までに取材していた素材も紹介していこうと考えています。

よろしくお願いします。

(文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック