【サッカー人気4位】【地域CL】枚方が2度目の挑戦で優勝!…

「川崎フットボールアディクト」

車屋紳太郎「いざ試合に入ったときにいかに自分が成長している姿を出せるのか」【コラム】

車屋紳太郎は現在の中断期を利用して練習時間を増やしたいと話す。

「ぼく自身、普通のシーズン中なかなか体を追い込むというか、そういう自分の課題だったりとかはやるのが難しいですが、こういうタイミングなのでそういう意味ではすごく練習時間は増やせるかなと思っています」

その車屋が取り組んでいるのが「クロスだったりシュート練習だったりを含めたキックの練習」なのだという。

「自分が思ったところにしっかり蹴れるようになるというのは、こういう試合がないタイミングでやってます」

車屋が言うところのキックの精度についてはスルーパスが含まれている。沖縄・中城村での東京V戦後にも話題になっていたもの。4−3−3へのシステムチェンジに伴うサイドバックの役割の変化の一環として、キックの多様性が求められているのだ。

(残り 884文字/全文: 1227文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック