【サッカー人気2位】緊急事態宣言解除、ひらちゃんインタビュ…

「川崎フットボールアディクト」

小林悠がイサカゼインに伝えたこと【コラム】


小林悠がアドバイスしているというイサカゼインが話す。

「身にしみました。悠さんが『オレも下手だったけど』、という感じで言ってくれて、身にしみました」

イサカに対しては中村憲剛もアドバイスしているようで「憲剛さんとかもよく『オレも止まらなかったし』ということを言ってくれるので、自分でも頑張ろうと思えます」と話す。

偉大な先輩から受けたアドバイスによって、イサカの中に変化が生じたという。それが練習に対する意識だった。止める蹴るといった技術的な練習に対し、どう向き合うのかを教わったのだという。

「一つ一つの練習から(大事にする)というのは、強気で一つのパスを大事にするということ」なのだとイサカ。すなわち「ミスるかもしれない、という感じでやるのではなくて、絶対にミスったらいけない、という強気の姿勢で自分にプレッシャーをかけるのが大事」だということ。

(残り 927文字/全文: 1298文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック