【サッカー人気4位】【全会員さん必読】なぜ松本山雅は幅にこ…

「川崎フットボールアディクト」

「J1再開は7月4日に。日程は6月15日に発表へ」「第8回臨時実行委員会」後のブリーフィング【ニュース】

新型コロナウィルスの影響で中断していたJ1は7月4日に再開。J2、J3は6月27日のスタートで日程が確定した。

5月29日に行われた臨時実行委員会で決定し、メディアブリーフィングを行った村井満チェアマンが公表した。

再開後のリーグ運営については、リーグ所属全選手と全審判員に対し2週間に一度、唾液を使ったPCR検査を実施。また健康管理などの徹底で感染リスクをできるだけ軽減するとのこと。

PCR検査の実施に際し、Jの組織内に検査センターというような部署を新設。実際にPCR検査を実施するのは、Jクラブが存在する各地域の検査機関になるが、その検査をコントロールする組織になるという。

この点、以前から村井チェアマンが強調していたのはJリーグのPCR検査によって、国民が使うべき医療リソースを圧迫してはいけないということ。そうした方針の上でPCR検査を実施するということは、逆に言うとJリーグの検査が医療機関のリソースを圧迫しない目処がたったということでもある。その点は安心していただければと思う。

試合再開に向けては、サーモメーター450台を確保。各クラブ全体で消毒液12トン、マスク7万枚の充足を予定しており、すでに予定数をまかなえたとの認識だとのこと。

Jリーグ再開に際しては、政府からの要請で無観客試合からのスタートとなる。7月10日からは一定の条件でお客さんを招いて行える可能性が出てくるとも。

対戦カードについてはリーグ戦、ルヴァンカップの細かい大会方式が決定していないため、現時点では未確定だとのこと。再開当初は移動リスク軽減のため、近隣エリアでのマッチメイクが増えるとのことだ。なお、日程の発表は6月15日に実施されるという。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック