【サッカー人気2位】【維新の風】森晃太は名古屋、甲府からの…

「川崎フットボールアディクト」

「強気」が試合展開を左右しそう。難敵を相手に、サッカーの楽しさを見せてほしい/J1 第2節 川崎vs鹿島【プレビュー】

■想像を超えた中断期

2月22日の鳥栖との開幕戦の試合前。記者控室はいつもの雰囲気だった。新型コロナは流行の兆しを見せていたが、まだどこか他人事に思えた。そんな控室で、政治家が飛ばしていた軽口に乗っかった。

「日本には梅雨があるから大丈夫」

梅雨以前に、気温さえ上がってくれば、問題ないと思っていた。

そんな考えが甘いということを、すぐに思い知らされた。

Jリーグは2月26日のルヴァンカップ第2節から、3月14日のリーグ戦第4節までの延期を発表。それでもまだ取材の門戸を開いてくれていたフロンターレの対応が変わらざるを得なかったのが、3月17日の田嶋幸三JFA会長コロナ感染のニュースだった。

17日午後。広報から練習取材の対応が一旦中止されるとの連絡が入る。その後、4月7日の緊急事態宣言により、日本社会は大部分の経済活動を休止。トップチームの活動も停止したことで、フロンターレとの接点は完全に途絶した。

結局練習取材が再開されたのは6月2日の全体練習再開時から。これだけ長い期間フロンターレから隔絶されたのは初めてのことだった。

この間危惧していた事がある。多くの人にとって、サッカーがない日常が、新たな日常になってしまっているのではないかということ。再開されるJリーグもまずは無観客で行われるリモートマッチでスタートする。どれだけの人がサッカーのある日常に戻ってきてくれるのか。不安で仕方ない。

緊急事態宣言が解除されて以降、新型コロナはその感染者数を不気味に増やし続けている。またあの自粛期間に連れ戻されてしまうのではないか、という怖さもある。

それでも、リーグは続いていく。サッカーがある日常を求める人たちのために。スポーツが持つ力を、信じる人たちのために。

医療現場や生活を維持するために必要な業務に就かれていた、いわゆるエッセンシャルワーカーのみなさんがいてくれたおかげでたどり着けた再出発点。この事実に感謝しつつ、いよいよ2020年シーズンが再始動する。相手は難敵鹿島だ。

ポイント1「いつ、どのタイミングで対戦するにおいても非常に大事な相手」
ポイント2「強気の必要性」
ポイント3「4-3-3」

(残り 3617文字/全文: 4511文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック