【サッカー人気5位】【フクロウの時報】武蔵のオファーは想定…

「川崎フットボールアディクト」

4点に絡んだレアンドロ・ダミアンの変化を考察【コラム】

■見違えた、レアンドロ・ダミアン
緩慢な動きに見えた鹿島戦のレアンドロ・ダミアンが、FC東京戦では見違えた。運動量そのものが増えたように感じたが、数字を見てみると実はそうでもない。

90分フル出場の鹿島戦の総走行距離が9.502kmであるのに対し、84分で交代したFC東京戦は、8.014kmに留まっている。これではわかりにくいので、1分あたりの走行距離を計算したのが以下の数字。

鹿島戦  105.6m/分
FC東京戦 95.4m/分

1分あたりの走行距離で、10mの差が出ているのがわかると思う。

ちなみにスプリントの回数も、鹿島戦の方が数字的には良い。

鹿島戦 11回 (0.122回/分)
FC東京戦 10回 (0.119回/分)

これはどういうことなのか。

(残り 1143文字/全文: 1460文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック