【サッカー人気2位】オルンガ、西川潤の移籍のウワサが示唆……

「川崎フットボールアディクト」

守田英正「決まらない体(てい)で打っている」と自虐するシュートにも期待【コラム】

28日の練習後、Webでの取材が行われ、守田英正が対応した。守田は直前の湘南戦に先発フル出場しているが、この試合での運動量を次のように振り返っている。

「基本的に強度とか走る量は、インサイド(ハーフ)の選手二人の方が多分、試合中は走っているんじゃないかなと思っていて、そこで普段というか、自分があまりビルドアップの部分とかで関与しない分、インサイドの選手がきつそうだったり戻れなかったり、そういうところは自分がリカバーするというのが自分の仕事の一つだと思います」

アンカーの守田自身に対し、インサイドハーフとして先発した下田北斗、脇坂泰斗の方が走っているはずだから、彼らの運動量をフォローすることも自らの役割だと守田。

(残り 1426文字/全文: 1733文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック