【サッカー人気4位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

「川崎フットボールアディクト」

中村憲剛「1点目は、前日の練習のところで。キッカーをオレと碧のところで分担しているところもあったので。目先を変えるという所で」/J1 第23節 川崎vs名古屋【試合後コメント】

○中村憲剛
――あの聞きたいのは二つあります。一点目のコーナー、キッカーを変えた理由と、もう一つがあと2点目3点目の憲剛選手のキックの狙いを教えてください。
「1点目は、前日の練習のところで。キッカーをオレと碧のところで分担しているところもあったので。目先を変えるという所で。碧に蹴ってもらって。球種がちょっとオレと違うので。準備したことがしっかりはまったなっていう。あの1点はかなり大きかったし、2点目はフリーキックですけど、ちょっと直接狙うにはちょっと遠くて。で、色々あの時間、しっかり相手の最終ラインと自分達の味方が何人どこに入ってるかっていうところで、ジェジエウに関して言うと、三点目もそうですけど。あまり速いボールが得意じゃないところがあるので。柔らかいボールで、彼のジャンプ力を活かすようなボールを蹴れば、折返しも含めてなにかあるんじゃないかなっていう意味で、2点目は蹴りました。
3点目はショートコーナーに、アドリブに近い形で。守田がちょっと顔出してくれたんで。それも目先を変える意味で、確かその前か、その時に、何本かニアのところで彰悟が触ったりとかも出来てたんで。相手も準備してると思ったんで。ショートコーナーに。本当に、多分中の選手もわかってなかったと思うんですけど。守田が落としてくれて。左足でしたが、それも、GKが届きそうで届かない。けど速くないボールを入れて、何かが起こるような。アクシデントが起きるようなボールを蹴りました」

※後ほど追記します。
追記しました。

(残り 2032文字/全文: 2671文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック